結婚式・二次会

結婚式の受付に相応しい服装マナーとお呼ばれコーデ

結婚式で新郎新婦から受付を頼まれたけど、どんな服装で受付すれば良いのか?服装マナーはゲストとは違うのか?わからないことが多すぎて不安!

結婚式に招待されて初めて受付を任されることもあると思いますが、せっかくのおめでたい祝福の席ですから、マナー違反をして失敗したくないですよね!

受付は、披露宴に出席する全員から見られることになりますし、ゲストだけでなく、親族からも見られるので、ゲストをお迎えする立場として相応しい服装で参列するのがおすすめです。

では、結婚式の受付ってどんな服装ならゲストの方から好印象のコーディネートになるのでしょうか?

今回は、結婚式の受付でマナーをしっかり守ったおしゃれで上品なコーディネートをご紹介していきます。

パンツセットアップ
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

セットアップxノーカラージャケット♪

結婚式の受付で印象の良いお呼ばれコーデ

結婚式の受付を任されたとき、基本的には、ゲストと同じようにマナーを厳守したフォーマルな服装で参加すれば問題ありません。

受付だから特別な服装というものはなく、あくまで参列するゲストや親族の方から見た印象が良ければ問題ないのです。

受付に限らず、結婚式では服装マナーがあるので、明らかなマナー違反をしていると、受付としては恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません。

その為にも、受付するときは、周囲から見ても上品でおしゃれな好印象のコーディネートするのがポイントとなります。

ここでは、どんな服装をすれば受付する立場として好印象になれるのか?簡単な服装コーデのポイントをご紹介していきます。

華やかで明るい受付コーデ

マナーばかりを意識しすぎて、黒尽くめの服装にならないようにしましょう!新郎新婦を祝福する華やかで明るいお呼ばれコーデがポイントです。

結婚式では定番の黒やネイビーのパーティードレスを受付として着こなすなら、羽織りものや身につけるアイテムを明るい華やかなカラーで合わせると、より結婚式らしい好印象なコーディネートに仕上がります。

また、明るい華やかなパーティードレスをおしゃれに着こなすのも良いでしょう。マスタードやパステルカラーなど明るいお色のパーティードレスはたくさんあるのですが、どのドレスを選んでも派手すぎず、品のあるコーディネートを心がけましょう。

受付は、披露宴での最初の顔でもあるわけですから、参列するゲストの方から良い印象を持ってもらうことも大切なお仕事となります。

チュールレースドレス
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

グレーのドレスは上品かつ爽やか♪

肌の露出が少ない受付コーデ

披露宴の受付するとき、特に注意したいのが肌の露出です。参列するゲストすべての方にお辞儀をするので、あまり肌が見えるようなパーティードレスだと前かがみになったときに胸元が見えてしまうこともあります。自分では気づかないときもありますが、ゲストから見て受付の胸元が大きく見えていたらどうでしょうか?あまり良く思わないゲストの方もいると思います。

そうならない為にも、受付のパーティードレス選びは、人から見たときのことも考慮して選ぶのがポイントとなります。

裾ロングワンピース
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

結婚式お呼ばれコーデ♪

動きやすい受付コーデ

結婚式の受付というのは、いろんな事務的な作業をすることも想定されています。参列するゲスト一人ひとりひとりからご祝儀を受け取ったり、座席表を渡したり、わからないことを説明することもあるかもしれません。とくにかく、挙式当日に、いろいろなことを想定して機敏に動きやすい服装で出席するのがおすすめです。

ちょっとした動作で服装が乱れるようなゆるく羽織ったボレロやショールなどは、動く度に直すのは周囲から見ても良くないです。

結婚式の受付係が行う主なお仕事としては・・・

ゲストに挨拶をする
ゲストの名前を記帳してもらう
ゲストからご祝儀を預かる
座席表などを渡す
控室やお手洗いの案内をする

これらの作業を全てのゲストに行うわけですから、動きやすい服装の方がおすすめですね。

ハンカチーフヘムレースドレス
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

袖付きの安心感・でもデコルテは透けてて重たくならない♪

最低限覚えておきたい結婚式での基本ドレスマナーまとめ

受付の服装選びをする前に、結婚式での基本的なマナーも覚えておきましょう!

結婚式では、白いドレス、肌の露出、アニマル柄などNGとされている服装はたくさんあって、すべて理解してからパーティードレス選びするのがおすすめです。

季節に合わせたお色のパーティードレスもおしゃれで好印象ですが、どの季節も着回すのは難しいですよね!どの季節でも関係なく、着回したいと考えているなら、迷いなく「ネイビー」のドレスやワンピースがおすすめです。

定番カラーのネイビーやブラックのパーティードレスなら、どの季節でも、たくさんの女性が上手に着こなしています。ただ、ゲストとして招待された場合、黒や紺のパーティードレスって、ダーク系なのでコーディネート次第では暗く重たい雰囲気になってしまうことも!そうならない為にも、ネイビーに合わせるアイテムには、華やかで明るいカラーにすると、より結婚式に相応しい上品で華やかな印象のお呼ばれファッションに仕上がります。

今回は、結婚式でも覚えておきたい服装マナーについてご紹介します。

サロペット
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

大人かっこいいパンツスタイル♪

結婚式におすすめの素材選び

結婚式では、シフォンやサテン素材のパーティードレスをおしゃれに着こなす方が、より上品でおしゃれに見せれるのでおすすめです♪

あまり安っぽく見えない素材のパーティードレスを選ぶと、結婚式だけでなく、色々なシーンで着こなせるのでおすすめです。結婚式でネイビードレスを選ぶときは、光沢のある上品なデザインや素材のパーティードレスを選ぶのがポイントとなります。

ペラペラすぎるサテン素材だと、安っぽい印象になってしまいますし、逆に、厚手のドレスやワンピースも、結婚式には相応しくないので、見た目にも上品でオシャレに見える素材のパーティードレスを選ぶようにしましょう♪

結婚式では肌の露出は控える

結婚式では、胸元や背中、スカート丈が異常に短いなど、肌の露出が多い服装は、マナー違反ですし、ゲストとしては絶対に避けたい服装となります。

肌の露出が多い服装だと、結婚式でも浮いてしまいますし、周囲からもマナー違反しているという冷たい視線がひしひしと浴びせられてしまうこともあります。

どんなにおしゃれで可愛い服装でも、キャバ嬢みたいな服装は絶対に避けるようにしましょう。

結婚式ではアニマル柄や革製品はNG

たまにゲストの女性が、ヒョウ柄の靴をはいていたり、ファーのボレロを羽織っている若い女子も見かけることはあります。これもマナー違反なのですが、ゲストとして出席するなら絶対にアニマル柄の服装は避けるべきでしょう。例え、ピアスやネックレス、時計などのアクセサリーでもアニマル柄は避けておきましょう。

冬だからファー素材のボレロやストールは大丈夫なんて思っていると、披露宴で恥ずかしい思いをするので覚えておくと良いでしょう。

結婚式服装におすすめの靴

結婚式で着こなすパンプスも露出の少ないヒールのあるパンプスが基本となります。

ゲストとして結婚式に出席するならパンプスには、少し落ち着いた感じのカラーを選ぶのがおすすめです。服装に合わせてベージュや黒など、シンプルでスタイリッシュなデザインのパンプス選びがポイントとなります。

間違えても、ミュールやサンダルのような肌の露出が高いシューズは選ばないこと。さらに言えば、スニーカーやブーツなどのカジュアルな靴も論外です。

バッグと同じぐらい革製品やアニマル柄のパンプスをはいている女性も見かけることがありますが、春の結婚式でも、ブーツやモコモコするような素材の靴はNGとなります。

また、白やバイカラーのパンプスは、避けるのがおすすめです。

結婚式服装におすすめのバッグ

結婚式に選びたいバックは、小さめで披露宴で邪魔にならないサイズのクラッチバックやハンドバッグです。冬らしいファー素材のパーティーバッグは、結婚式ではNGとなるので避けるべきでしょう。

結婚式でもおすすめのバッグとしては・・・

・クラッチバッグ
・ショルダーバッグ
・高級感のあるバッグ
・ラメやスパンコール入りバッグ

収納力の高い大きなトートバックなどは、披露宴で邪魔になるので、小さいバッグに必要最低限の小物をうつしておくのがマナーとなります。

手持ちの高級ブランドのロゴ入りバックがあっても、ゲストとして出席する結婚式では避けるべきでしょう。高級だからと言ってフォーマルとはなりません。特に、アニマル柄やデザインが派手なバッグは論外です。

ファー素材やビニール素材も結婚式には相応しくないのでNGとされています。

披露宴に持ち込む必須アイテムとしては・・・

・化粧品
・スマホ
・ご祝儀袋
・ハンカチ
・ティッシュ
・ストッキング(予備)

結婚式服装におすすめのアクセサリー

季節に合わせたさわやかな色調のアクセサリーを選ぶのもおすすめです。

結婚式向けの人気アクセサリーとしては・・・

・パール
・ダイヤ
・スワロフスキー

時間帯によって、アクセサリーの選び方も変わってきます。昼の披露宴ならパールのネックレスやピアスなどがおすすめですし、夜ならキラキラする華やかなダイヤやスワロフスキーなどのアクセサリーが人気となっています。

逆に、結婚式ではNGとされるアクセサリーとして・・・

・ティアラ
・腕時計
・季節感の違うアイテム
・カジュアルなデザイン

当然ですが、マナーとして花嫁さんの身につけるティアラや花冠などは、絶対に避けるべきでしょう。季節感のないアクセサリーもせっかくのおしゃれな服装が台無しになってしまうので避けるべきです。

結婚式服装におすすめのヘアスタイル

結婚式での髪型は、周囲から一番見られる場所になるので、おしゃれなドレスと髪型で祝福したい気持ちはわかりますが、あまり派手過ぎると逆に浮いてしまうので注意が必要です。どんなにおしゃれでもマナー違反の髪型だと、残念な結婚式になりかねませんから。
結婚式では、ダウンスタイルは避けて、なるべくアップスタイルの髪型にするのがポイントです。主役はあくまで花嫁さんですから、あまり派手なヘアアレンジは相応しくありません。

また、ヘアアクセサリーについても、白やファー素材など、服装マナーに違反しているものはNGとされています。花嫁さんには事前にどんな服装なのかを確認しておき、かぶらない髪型やヘアアクセサリーを選ぶのがポイントです。

結婚式服装におすすめのストッキング

結婚式では、ベージュ(肌色)のストッキングが基本となります。冬の寒い季節でも、タイツはNGとされており、他のカラーや素材もマナー違反となります。

夏は暑いからストッキングを着用せずに、生足で参加しようとするのもNGとなります。

また、おしゃれなワンピースと合わせたいので黒のストッキングもNGとなります。

結婚式服装におすすめのメイク

結婚式では、アイメイクも華やかで明るい印象に仕上がるのがおすすめです。涙腺が弱い女性なら披露宴で号泣してもメイクが崩れないようなメイクアップするのがポイントなります。号泣する度に、メイクが崩れるようなことがあると、周囲からも見た目が悪いですし、何度も化粧室に行くのもあまり良い印象ではないからです。

結婚式では、新郎新婦はもちろん、ゲストよりも少し控えめなメイクするのがポイントです。あまり派手すぎてもNGですし、ノーメイクでもNGとなります。

顔は、新郎新婦からゲストの方までたくさんの人から見られる場所なので、なるべく上品で好感度の高い結婚式メイクに仕上がるのでポイントとなります。

しっかりしたメイクしようとあまり意気込みすぎると厚化粧になりがちなので、ベースメイクを念入りにいれるだけで、あまり化粧直しが要らないようなメイクがおすすめです。

結婚式服装におすすめのネイル

結婚式では、たくさんの人から服装などマナー違反がないかチェックされることもあるので、服装だけでなく、ネイルに関してもしっかりと準備しておくのが良いでしょう。

あまり派手過ぎるデザインや長い爪は、結婚式ではNGとされています。

結婚式でNGとされているネイルとしては・・・

・盛りすぎで派手なネイル
・黒などのダーク系ネイル
・長すぎるネイル
・白やライトストーンなどのネイル

主役は、花嫁さんということを意識して、華やかだけど目立たないネイルデザインにするのがポイントです。

あまりダークな印象のネイルも結婚式では避けるべきでしょう。

披露宴でも人気おすすめネイルとしては・・・

・清潔感と清涼感のあるネイル
・シンプルなワンカラーネイル
・ラメやパールを使ったネイル

結婚式の受付係向けパーティードレス選びき方

結婚式のパーティードレスも季節に合わせて選んだり、年齢に合わせて選んだりするのがおすすめです。色や素材など季節や年代に相応しいパーティードレスなら周囲のゲストからも好印象なの間違いなしです。

結婚式では、上品で華やかなデザインのパーティードレス選びがポイント!袖付きパーティードレスやレース素材だったり、シックに落ち着いた雰囲気のデザインや素材を選ぶことで結婚式にぴったりのお呼ばれファッションに仕上がるのでおすすめです。

結婚式での受付係の立場というのは、新郎新婦に代わってゲストの方をお迎えすることになります。親族側の立場に近いということです。結婚式のゲストには、親族から会社の上司などたくさんの方が参列するので、受付のパーティードレス選びもマナーをしっかりと守った清潔感のある清楚な印象のお呼ばれコーデに仕上げるのがポイントとなります。

今回は、受付係になった場合のパーティードレス選びのポイントをご紹介します。

ハンカチーフヘムレースドレス
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

レースワンピが上品でかわいい♪

受付でワンピースをおしゃれに着こなす

結婚式の受付では、定番となっているワンピースコーデですが、まずは、マナーをしっかりと守った服装選びが必須となります。マナーをしっかりと守りつつ、おしゃれで可愛いワンピースコーデするのがおすすめです。

結婚式では定番の黒ワンピースだったり、ネイビーワンピースを選ぶなら、チュールやシフォン素材がふんわり感もあって女性らしい柔らかい印象に仕上がるのでおすすめです。

袖がフラワーレース素材だったり、ちょっとデザインにもこだわったワンピースを選ぶのが、結婚式には相応しいですし、お呼ばれコーデしやすいです。

黒や紺のワンピースを選ぶときは、あまり地味になりすぎないような全体的にバランスの良いコーディネートを心がけましょう。シンプルなワンピースならバッグやパンプスには、明るい華やかなゴールドやシルバーを合わせたり、結婚式らしい配色コーデがおすすめです。

受付でオールインワンをおしゃれに着こなす

結婚式で大人っぽい落ち着いたお呼ばれコーデしたいならオールインワンもおすすめです。最近では、結婚式でオールインワンをおしゃれにかっこよく着こなしている女性も増えてきました。オールインワンなら体型をカバーしてくれる効果もあるし、全体もスッキリと見せたい女性にはぴったりのコーディネートですね。

シフォンやレースなど柔らかい女性らしい印象の素材だったり、袖や首元が花柄レースになっているような上品で組み合わせのオールインワンなら厳格な結婚式でも最適なコーディネートになるでしょう。

オールインワンを上手に着こなすには、自分に合ったサイズ感のドレス選びが必須です。ゆったり目だったり、ちょっとタイトなデザインだったり、サイズ感を変えるだけで、周囲からの印象もかなり変わってきます。

受付でパンツスタイルをおしゃれに着こなす

結婚式でもパンツスタイルなら大人かっこいいクールな雰囲気を演出できるので、大人っぽいコーディネートされたい女性には人気のコーディネートになっています。

パンツスタイルの定番は、黒やネイビーです。ベージュやグレー、ピンクなども、華やかな大人っぽい着こなしがしたい女性にはぴったりの結婚式コーデとなります。

結婚式の受付係でパンツスタイルを選ぶなら、少し華やかさのあるシフォンやレースなど女性らしい柔らかい素材を選ぶのがおすすめです。

フォーマルな印象に加えて、結婚式では、程よいエレガントさも求められるので、少しタイトなパンツスタイルなら結婚式のお呼ばれにもぴったりのコーディネートに仕上がります。

シフォン素材のパーティードレス

シフォン素材のネイビードレスやワンピースなら女性らしい可愛い印象のお呼ばれコーデに仕上がるのでおすすめです。ゴールドやシルバーのバッグやパンプスと合わせて、より大人っぽく上品なコーディネートしてみるのも良いでしょう。

ウェディングドレスにも使われているシフォン生地は、ゲスト向けのパーティードレスにも使われていることが多いです。シフォン生地ならふんわり感があって柔らかい印象のドレスやワンピースに仕上がるので、結婚式や二次会などにはぴったりの素材なんです。

サテン素材のパーティードレス

結婚式では定番でもある「サテン」素材のパーティードレスをおしゃれに着こなすコーディネートもおすすめです。

程よく光沢のあるパーティードレスなら上品で清楚なイメージに仕上がるし、結婚式の会場も華やかで明るくなるので、新郎新婦からも喜ばれるお呼ばれファッションですね。

ダーク系のワンピースやドレスならバッグやパンプスなど小物アイテムには、華やかで明るいパールやストーンのあるアイテムと合わせると良いでしょう。

レース素材のパーティードレス

ネイビーのパーティードレスをおしゃれに着回したいならレース素材のドレスやワンピースがおすすめです。レース素材なら透け感もあり、秋の結婚式でも重くならない軽い印象に見せれる効果があります。

レース素材の特徴は、刺繍の隙間からの風通しも良いので、ダーク系カラーのパーティードレスを選ぶときは、とってもおすすめの素材となります。

年代別|結婚式受付係の服装コーディネート

結婚式で受付係を新郎新婦から依頼されたとき、どんな服装で出席すれば良いのか悩みますよね。でも、安心してください。服装はゲストとほぼ変わりません。ただ、ゲストよりもマナーに関してはしっかりと理解してからパーティードレス選びをするのがおすすめです。

年代に合ったパーティードレス選びとおしゃれな着こなし方がポイントとなります。

受付係で絶対外せないマナーとしては、肌の露出を少なくする、あまり暗く地味でない華やかなコーディネートに仕上げるのがポイントです。

基本的なマナーは、ゲストと一緒なので、親族、ゲスト、新郎新婦から見て、好印象に見えるパーティードレスと着こなし方にするのがおすすめです。

今回は、年代別に受付係のコーディネートに相応しい着こなし方をご紹介していきます。

10代 結婚式受付係ドレスコーデ

中学生や高校生、大学生など10代女子が結婚式にお呼ばれされたらどんな服装で出席して良いのか迷いますよね。特に、初めての結婚式なら尚更です。

10代女子が結婚式受付係の服装をおしゃれに着こなすならチュールやレース素材の可愛らしいパーティードレスがおすすめです。袖がドットチュールになっているワンピースなら程よく透け感もあって10代らしい可愛いお呼ばれコーデに仕上がります。

花柄などの刺繍の入った可愛いワンピースだったり、フレアシルエットで10代女子らしい可愛い印象のお呼ばれコーデもおすすめです。

レースワンピース
結婚式 服装 受付

出典元:WEAR.JP

マスタードカラーが秋冬のパーティーシーンにぴったり♪

20代 結婚式受付係ドレスコーデ

20代女子なら上品で大人っぽいワンピースやドレスがおすすめです。ボリューミーなチュールやフリルワンピならキュートで清楚な印象に仕上がるので結婚式受付係の服装にぴったり♪

シフォン素材ならより暖かみがあるおしゃれなお呼ばれコーデに仕上がるのでおすすめです。

20代女性らしく可愛い感じにパーティードレスを着こなしたいなら、ベージュ系のボレロやジャケットを羽織って上品でかわいい印象のコーディネートに仕上がるのもおすすめです♪

30代 結婚式受付係ドレスコーデ

30代女性が結婚式での受付係を任されたら、まずどんな服装で出席しようか迷いますね。服装マナーから30代らしいおしゃれで上品なフォーマルコーデしたいですよね。

30代女性になると、親族、友達、会社関係など、結婚式に招待される機会も増えてきますから、1年を通して着回せるような定番ドレスやワンピースを1枚持っておくと良いでしょう。そんなとき、シンプルで華やかさのあるコーディネートもおすすめです。

結婚式で定番黒ドレスやネイビーコーデするとき、周囲のゲストの方も同じようなカラーのドレスやワンピースを着こなしている女性も多いはず。そんなときは、レースだったり、シフォンだったり素材やデザインの違うパーティードレスを上品に大人っぽく着こなすのもおすすめです。定番コーデでも人とはちょっとだけ違った雰囲気に仕上げるとおしゃれ度もアップするのでおすすめです。

40代 結婚式受付係ドレスコーデ

40代女性が結婚式受付係を任されたら、大人っぽいフォーマルドレスでかっこよく着こなしたい!でも、あまり大人っぽいと老けて見えないか心配というアラフォー女性もいると思います。

ただ、40代女性で多いのが「親族」や「親戚」の結婚式に出席することです。その場合、ゲストとは違って、よりフォーマルで落ち着きのあるフォーマルドレスを選ぶのがおすすめです。40代女性ならネイビーの上品で清楚なイメージのコーディネートが相応しいでしょう。

可愛らしいパーティードレスでも、ベージュ系ジャケットを合わせるだけで落ち着いた大人っぽい雰囲気のお呼ばれコーデになるのでおすすめです。ジャケットじゃなくても、明るいお色のボレロやストールを合わせるだけで、結婚式にぴったりの華やかで明るい印象のコーディネートに仕上がります。

ベージュ系の羽織りものと合わせるならボリューミーなパールネックレスやコサージュを組み合わせるとより結婚式らしい華やかな印象になるのでおすすめです。

50代 結婚式受付係ドレスコーデ

50代になると肌や腕を露出するのは、できるだけ避けたい年齢になってくると思います。そんな50代女性にぴったりなのがお肌をきれいに見せてくれるネイビーのドレスやワンピースコーデです。気になる体のラインをキレイに見せたいならスカート丈が少し長めのロングドレスやワンピースがおすすめです。

また、50代で結婚式に招待されるのが多いのは、親族側としてのケースです。その場合は、ゲストよりも基本的なマナーをしっかりと理解した服装選びが必須となります。

例えば、露出の多い服装を避けたり、喪服のような暗い印象のコーディネートは避けるようにしましょう。

50代女性がネイビーのパーティードレスを着こなすなら大人っぽく清楚な印象に仕上がるのがポイントです。高級感のあるシルク素材だったり、シルバーやゴールドのアイテムを合わせて洗練された大人の女性らしいコーディネートに仕上げるのがポイントとなります。

季節別|結婚式受付係ワンピースコーデ

結婚式受付係の服装選びも季節に合わせたコーディネートしたいですよね。その季節にあったアイテムや素材をといれることで、おしゃれに見せることができます。結婚式向けのパーティードレスを上手に着こなしている女性は、結婚式ではたくさんいるので、季節感を取り入れれば、さらにおしゃれ上級者っぽく好印象のお呼ばれコーデに仕上がります。ここでは、季節別におしゃれで可愛い結婚式コーデをご紹介していきます。

春(3月4月5月)結婚式受付係ドレスコーデ

春らしいカラーだとピンクや淡いグリーンなどが代表的なのですが、そこで、定番のネイビードレスや黒ドレスを春っぽく着てみるのもおすすめです。

結婚式では定番のダーク系パーティードレスに合わせるジャケットやバッグなどを春をイメージするような明るい華やかなカラーでまとめると春にもおすすめのコーデに仕上がります。

夏(6月7月8月)結婚式受付係ドレスコーデ

夏の結婚式の受付係でおすすめなのは、シフォンやレース素材のパーティードレスです。ネイビーでもドレスやワンピースの素材を変えるだけで、夏らしい清涼感のあるコーディネートに仕上がるのでおすすめです。

夏っぽく袖なしパーティードレスならジャケットやボレロを羽織って、ネイビードレスをさらに清涼感のあるお呼ばれコーデにしてみてはいかがでしょうか。

夏におすすめのシフォン素材なら薄手でふんわりと柔らかい印象が強く、ネイビードレスを着ていても、暑苦しくなく、夏の結婚式でもおすすめなんです。

秋(9月10月11月)結婚式受付係ドレスコーデ

秋の結婚式では、ベージュなど落ち着いたカラーの小物を合わせると秋らしいコーディネートに仕上がります。

ダーク系ドレスに黒のパンプスやバッグを合わせると、引き締まった大人のコーディネートになるし、ピンクやシルバーの小物で華やかさを演出するのもおすすめです。

秋らしく暖色系の羽織りを合わせると、さらに秋らしい印象が強くなるし、サテン素材のワンピースも秋におすすめのドレス素材なのでおすすめです。

冬(12月1月2月)結婚式受付係ドレスコーデ

冬の結婚式にも大人っぽい上品なパーティードレスがおすすめです。冬の結婚式でパーティードレスを上手に着こなすなら羽織りやバッグなどに明るい華やかなカラーのアイテムを合わせるのがおすすめです。ネイビーに黒やダーク系カラーを合わせると、全体的に重たい印象になってしまうので、全体を3色までに統一することで、締まって見せるコーディネートするのがポイントです。例えば、ネイビードレスや黒ドレスに黒のパンプスを合わせるのであれば、バッグやアクセサリーには、ベージュやシルバーなどの明るい色を合わせるのがポイントとなります。