結婚式・二次会

結婚式での親族服装|親族・親戚の顔合わせや披露宴での服装マナーとドレス選び方

親族・親戚として結婚式に招待されたら、どんな服装選びが良いのか?ドレスやワンピースが良いのか?それとも、セレモニースーツが良いのか?

ゲストとは違って親族はどんな服装マナーがあるのか?

結婚式で相手側の両親や親戚と初めて顔合わせする方もいると思います。そんなとき、できるだけ良い印象に見えるようにマナーや服装には気を使いたいですよね。できれば、おしゃれで上品な印象に見せたい女性の方が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、親族として出席する結婚式で失敗しない女性の服装マナーとフォーマルドレスの選び方などをご紹介します。

落ち着いた色のセットアップコーデ
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

ダーク系セットアップでもレース素材で華やかさと上品さをアピール♪

親族の結婚式服装選びのポイント

女性が親族側として出席する結婚式の服装と言えば、着物が定番だと思います。ただ、最近は、着物を着ている女性って結婚式ではあまり見かけなくなりましたね。

着物って着付けだったり、お値段だったり、準備に時間とお金がかかりすぎてしまって、若い女性の中では、着物よりもおしゃれで着回しもできるドレスやワンピースの方が人気となっています。

和服よりも洋服というのが親族として出席する披露宴でも定番になりつつありますね。ただし、親族側として出席する結婚式では服装マナーもしっかりと覚えておくべきでしょう。

特に、相手側のご両親や親族の顔合わせなど、マナー違反の服装していると印象も悪くなりますし、新郎新婦への印象も悪くなってしまうこともあります。

せっかくのおめでたい結婚式ですから、新郎新婦には、親族側としてきっちりとマナーを守った服装選びして、気持ちよく祝福してあげたいですよね。

そこで、今回は、親族側として結婚式服装選びで覚えておきたいポイントをご紹介しておきます。

上品でフォーマルな服装選び

親族として出席する結婚式では、ゲストを迎える立場として相応しい上品で落ち着いた印象の服装選びが必須となります。

ゲストよりもマナーや品格を重視したフォーマルな服装選びがポイントとなります。

ゲストよりも肌の露出を抑えたり、派手な服装や髪型も避けるべきでしょう。ただ、マナーを意識しすぎてブラックフォーマルのような地味すぎる服装だと結婚式には相応しくありません。

すごく微妙な違いですが、黒づくめの服装でも、バックやパンプスを明るめのアイテムで合わせて結婚式らしさを演出するなど全体のバランスを考えたフォーマル感のある服装選びするようにしましょう。

チュールレースドレス
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

グレーのドレスは上品かつ爽やかな印象♪

着回しやすいドレス選び

親族の結婚式でも定番となる黒、ベージュ、紺のお色からドレスやワンピースを選ぶと着回ししやすいのでおすすめです。親族側だからこそ、定番で安定のカラーから選ぶと安心して結婚式に出席できると思います。

周囲から見ても馴染みやすいし、一人だけ浮くこともないので、目立たないけどマナー違反もなく、フォーマルな服装というのが親族側として相応しい服装選びのポイントになります。

ブラック、ベージュ、ネイビーの3色は、どんな色にも合わせやすいカラーですから、結婚式のコーディネートもしやすいし、失敗するリスクも少なくなりますね。

ドットチュールワンピース
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

長め丈が大人っぽくて可愛い♪

きちんと感のあるジャケット選び

ドレスやワンピース、スーツを着るときでも、ジャケットを羽織る女性って結婚式ではとても多いですね。

その理由としては、ジャケットを羽織るだけで「きちんと感」が演出できるので、よりフォーマル感の強い印象に仕上げたいときにぴったりのアイテムとなります。

ボレロやショールを羽織っている女性もたくさんいるのですが、親族として出席するなら上品で落ち着きのあるジャケットがおすすめです。

できれば、ジャケットのデザインもシンプルで定番カラーから選んでおけば、着回しやすいし、いろいろなシーンで着こなせるので重宝されるでしょう。

テーラードジャケット
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

プリーツとレースで品良く着こなせる♪

親族の結婚式服装マナーまとめ

親族側として結婚式に出席する場合、ゲストをお迎えする立場となるので、マナー違反は絶対にしたくないですし、周囲からもマナー違反なんて思われたくないですよね。

親族の結婚式と言っても、立場や年齢などで服装もさまざまです。挙式当日に新郎新婦や周囲の親族がどんな服装で出席するのか?会場はどんな雰囲気なのか?すべて事前に確認してから服装選びするのがおすすめです。

今回は、親族の結婚式で覚えておきたい外せない服装マナーについてご紹介しておきます。

白いドレス

親族として新婦さんのお色でもある「白系」服装は絶対に避けたいカラーです。ゲストとしても白はNGですし、白っぽく見えてしまうカラーの服装もNGとなります。

明るいベージュも会場の照明によっては白っぽく見えてしまうので、親族側の服装としては避けるべきでしょう。

白いドレスはNG
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

結婚式では白のドレスやワンピースは避ける♪

肌の露出

胸元や背中、スカート丈が異常に短いなど、肌の露出が多い服装は、結婚式ではマナー違反ですし、親族側としては絶対に避けたい服装となります。

肌の露出が多い服装だと、結婚式でも浮いてしまいますし、周囲からもマナー違反しているという冷たい視線がひしひしと浴びせられてしまうこともあります。

どんなにおしゃれで可愛い服装でも、キャバ嬢みたいな服装は絶対に避けるようにしましょう。

肌の露出が多いドレスはNG
結婚式 親族服装

出典元:WEAR.JP

結婚式では肌の露出はNGなので、ジャケットやボレロを羽織るのがおすすめ♪

アニマル柄や革製品

たまにゲストの女性が、ヒョウ柄の靴をはいていたり、ファーのボレロを羽織っている若い女子も見かけることはあります。これもマナー違反なのですが、親族側として出席するなら絶対にアニマル柄の服装は避けるべきでしょう。例え、ピアスやネックレス、時計などのアクセサリーでもアニマル柄は避けておきましょう。

親族として結婚式に出席するならパンプスには、少し落ち着いた感じのカラーを選ぶのがおすすめです。服装に合わせてベージュや黒など、シンプルでスタイリッシュなデザインのパンプス選びがポイントとなります。

間違えても、ミュールやサンダルのような肌の露出が高いシューズは選ばないこと。さらに言えば、スニーカーやブーツなどのカジュアルな靴も論外です。

バッグと同じぐらい革製品やアニマル柄のパンプスをはいている女性も見かけることがありますが、親族側なら絶対にNGです。ゲストからも相手側の親族からも悪い印象しか残らないでしょう。

また、白やバイカラーのパンプスは、避けるのがおすすめです。

バッグ

結婚式に選びたいバックは、小さめで披露宴で邪魔にならないサイズのクラッチバックやハンドバッグです。

収納力の高い大きなトートバックなどは、披露宴で邪魔になるので、小さいバッグに必要最低限の小物をうつしておくのがマナーとなります。

手持ちの高級ブランドのロゴ入りバックがあっても、親族側の結婚式では避けるべきでしょう。高級だからと言ってフォーマルとはなりません。特に、アニマル柄やデザインが派手なバッグは論外です。

ファー素材やビニール素材も結婚式には相応しくないのでNGとされています。

アクセサリー

親族の結婚式なら華やかなパール素材のネックレスを1本持っていると使い回せるのでおすすめです。結婚式では、華やかだけど派手過ぎずが基本になっているので、アクセサリー選びもとても慎重になりがちですね。

白色や生花などのアクセサリーは、結婚式では避けるようにしましょう。白も生花も花嫁さんだけが着こなせるアイテムです。また、腕時計も外しておくのがマナーとなります。

ヘアスタイル

結婚式での髪型は、周囲から一番見られる場所になるので、おしゃれなドレスと髪型で祝福したい気持ちはわかりますが、あまり派手過ぎると逆に浮いてしまうので注意が必要です。どんなにおしゃれでもマナー違反の髪型だと、残念な結婚式になりかねませんから。
結婚式では、ダウンスタイルは避けて、なるべくアップスタイルの髪型にするのがポイントです。主役はあくまで花嫁さんですから、あまり派手なヘアアレンジは相応しくありません。

また、ヘアアクセサリーについても、白やファー素材など、服装マナーに違反しているものはNGとされています。花嫁さんには事前にどんな服装なのかを確認しておき、かぶらない髪型やヘアアクセサリーを選ぶのがポイントです。

ストッキング

結婚式では、ベージュ(肌色)のストッキングが基本となります。冬の寒い季節でも、タイツはNGとされており、他のカラーや素材もマナー違反となります。

夏は暑いからストッキングを着用せずに、生足で参加しようとするのもNGとなります。

また、おしゃれなワンピースと合わせたいので黒のストッキングもNGとなります。

メイク

親族の結婚式では、新郎新婦はもちろん、ゲストよりも少し控えめなメイクするのがポイントです。あまり派手すぎてもNGですし、ノーメイクでもNGとなります。

顔は、相手側の親族からゲストの方までたくさんの人から見られる場所なので、なるべく上品で好感度の高い結婚式メイクに仕上がるのでポイントとなります。

しっかりしたメイクしようとあまり意気込みすぎると厚化粧になりがちなので、ベースメイクを念入りにいれるだけで、あまり化粧直しが要らないようなメイクがおすすめです。

ネイル

親族の結婚式では、たくさんの人から服装などマナー違反がないかチェックされることもあるので、服装だけでなく、ネイルに関してもしっかりと準備しておくのが良いでしょう。

あまり派手過ぎるデザインや長い爪は、結婚式ではNGとされています。

主役は、花嫁さんということを意識して、華やかだけど目立たないネイルデザインにするのがポイントです。

あまりダークな印象のネイルも結婚式では避けるべきでしょう。

姉妹、いとことして出席する結婚式服装選び

親族として結婚式に出席する場合、ゲストをもてなす側になるので、服装選びも立場によって少しづつ変わってきます。今回は、姉妹、祖母、いとこの立場で結婚式に出席する場合のそれぞれの相応しい服装選びのポイントについてご紹介しておきます。

姉妹の結婚式コーデ

姉妹として結婚式に出席する場合、両親の次に関係が深いので、服装マナーについても厳しい目で見られることが多いです。できるだけフォーマル感があり華やかすぎず、派手すぎない服装するのがポイントです。

姉妹が結婚式で着る定番の服装としては、おしゃれで上品なワンピースやドレスなどを上手に着こなしたコーディネートがおすすめです。

いとこの結婚式コーデ

いとことして結婚式に出席するなら新郎新婦や他の親族よりも目立たない服装にするのがポイントです。人気なのは、ネイビーや黒のフォーマルなワンピースやドレスを上品に着こなすのがおすすめです。全身がダーク系にならないように、紺のワンピースに合わせるのは、シルバーやベージュなどのバックとパンプスにしたり、少し華やかさも考えたお呼ばれコーデがポイント♪