ハダースフィールド大学
卒業写真
   HOME │  大学の紹介 │  コース紹介 │  入学方法 │  イベント情報 
You are here : HOME :留学体験談  
  訪問者別メニュー
    留学をお考えの方へ
    出願する方へ
    教育機関・企業の方へ
ハダースフィールド大学の紹介
    大学の概要
    大学の魅力
    施設・学生サービス
    宿泊施設
    卒業生の進路
    留学体験談
    出張レポート
    出願窓口
資料請求・お問い合わせ

留学体験談

ハダースフィールド大学で教育学を学ぶ 第3回 マスターの授業がスタート!

山本 真由美さん

山本 真由美さん
留学先:ハダースフィールド大学 University of Huddersfield
留学分類:大学院留学
専攻名:教育学 MA of Education
留学期間:2011年6月〜2012年7月
beoの留学サポートを利用して留学

ハダースフィールド大学 University of Huddersfield は、イングランド北部ヨークシャーの美しい自然に囲まれた大学。卒業生の高い就職率で知られています。同大学で教育学 MA of Education を学ばれている山本さんの現地レポートをお届けします。

とうとう、マスターの授業が始まり順調な生活が始まりました。今回はpre-sessionalが終わってからの一か月の状況をお伝えします。

Pre-sessional後の2週間

Pre-sessionalが終了の後は、当然このCourseを合格していないとMAには進めないので結果をドキドキしながら待つことになります。テストの内容はpresentation, listening and question, portfolio, seminar, essay (1500word)でした。無事に発表されるのが約1週間後です。結果は無事合格でした。(本当に安心しました)

さて、無事合格を確認し、落ち着くのかと思いきや、実はここからが大変で、VISAの更新に必要なCASの発行を待ち手続きを進めると同時にMAのenrolmentを同時進行でこなしていくことになりました。特に、International Studentsは別日でenrolmentが進められたのですが、pre-sessionalの合格情報がうまくデーター反映できていないとかで結局、三日ほど同じことの繰り返しを行う羽目になりました。しかも、生徒によって状況がまちまちで、正確な情報が手に入らないという非常に煩雑な手続きでした。また、これらのenrolmentの情報などはHPの個人ページに更新されていくので気を抜いていると見落とすことになります。(数人の友人は見落として休みだと勝手に思って旅行に行ってしまって後で面倒だったようです)

もう一方のVISA更新に関しては、私は問題なく進められましたが銀行によっては銀行証明を発行するのに2週間もかかるようで、友人は結局VISAの切れるギリギリに手続きを終えたようです。と、一見休みのように見えたpre-sessionalとMA courseの間の2週間はほとんど予定が詰まっていたようなものでした。

タイムテーブル

さて、授業が決まりました!これから毎日のように学校だーと思っていました。
しかし、MAだからか、そうでもありませんでした。
私自身がこの1semester(〜12/15)でいかなければならない日数はなんと6日間です。それも土曜日に。

私の所属するコースはほぼpart-timeの生徒で構成されています。皆さん仕事をしながら、通ってきているのです。(これはcourseの性格上だと思います)そんな理由で、土曜日に一日使って授業をこなしているようです。
正直私はこれでは英語の環境という意味でもちょっと困りましたので担当教授に話に行きました。
そしたら、「毎週月曜日に行われる別の授業にも参加をしていいよ」とのとってもありがたい話をもらえました。

また、もう一点この学校のMA of Educationでは様々なcourseに分かれるのですが全てのInternational Studentを集めて毎週火曜日、授業だったり博物館に行ったりという特別授業を行われます。そんな理由により現在の私のスケジュールは毎週月曜と火曜に2時間ずつ学校に行って、たまの土曜日に本授業に参加するという流れです。そして、友人はもっぱらInternational Studentsとなっています。

クラスメイト

さて、先ほどにも少し触れたように皆、Part-timeの生徒で構成されています。当然ながらイギリス人です。つまり、私の所属するcourseでは純粋な留学生は私一人です。国籍上はイギリスではないですが随分長くこちらで暮らしているという方が2名います。

また、courseがLearning and Developmentという人材育成や人材マネジメントを扱う分野なので出身学部や職業歴もまちまちです。教育学部のなかで、いわゆる学校教育ではないcourseなのである意味では異色です。同じ内容の勉強をしていても、スキルを使う場所などが異なり授業では本当に新しい発想と知識に出会えています。また、私自身もMAの生徒としては比較的に年を取っていると思います(31歳)が、周りの方はもっと年配のかたが多いです。

つまり人材マネジメントのスキルが会社で必要になったから会社から資金を5〜8割出してもらって勉強に来ているという方が多いのです。たぶん平均35〜37というところでしょうか。Leadershipというcourseがあるのですが、おそらくこの2つが同じような性格を持っていると思います。実際に私のoption授業はLeadershipのものを取っています。

気分転換

小さい街ですので、町の外に出るようにしています。
先日は、湖水地方へ旅行がてら一泊二日で行ってきました。Huddersfieldは電車で1時間半も乗ると色々な街に行くことができます。特に一泊しなくても結構遊びに行くことはできます。学生だと電車も31%offになるカードを28£で発行してくれます。一年有効ですからこれを利用するとお得に色々な所に行けると思います。

Yamamoto-3.jpg
                        湖水地方に行った時の写真

あとは、お天気のいい日には必ず用事がなくても学校に行くようにしていますというのも雨(霧雨)が多いのでお天気の日に外に出ておかないと気が滅入ってしまいます。色々な、気分転換が人それぞれにあると思いますが、私の気分転換はそんなところでしょうか。また、何か新しい面白いことがあればお伝えしますね。

Yamamoto-2 Sky.jpg

        寮の窓から見える夕焼け

 
| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 | サイトマップ |
University of Huddersfield Japan Office
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.